メニュー

逆流性食道炎REFLUX ESOPHAGITIS

このような症状で
お困りですか? TROUBLE

逆流性食道炎が疑われる代表的な症状は、胸やけと呑酸(どんさん)です。胸やけとは具体的に、胸の奥が熱くなる、お腹から胸にかけてムカムカあるいはもやもやする、お腹の中から何かが上がってくるなどの状態をあらわします。もう一つの呑酸は逆流性食道炎に特徴的な症状であり、のどや口の中に酸味や苦みを感じることです。

さらに、食べ物がのどにつかえて飲み込みにくくなる、強い胸の痛みを感じるなどの症状がみられることもあります。また、喉の違和感やつかえ感、声が枯れる、慢性的な咳など、食道の病気によるものとは考えにくい症状がみられることや、 夜間睡眠中の逆流により睡眠不足になる方もいます。

逆流性食道炎とは

逆流性食道炎とは、「胃」から胃酸が食道へ逆流することにより、食道の粘膜が炎症を起こした状態です。

原因
胃酸が逆流しやすい状態 食道と胃の間には「下部食道括約筋」という筋肉があり、食べたものを食道から胃へ送り込み、胃の中にある食べ物を食道まで逆流させないように働いています。下部食道括約筋は、食道から胃へ食べたものを送り込むときには「弛緩(しかん・ゆるむこと)」し、胃からの逆流を防ぐ時には「収縮(しゅうしゅく・しまること)」します。胃を巾着袋と考えると、中にものを入れるときは出入口をゆるめ、袋の中身が出てこないようにするために出入口を締めます。この出入口の役割を果たしているのが、下部食道括約筋です。しかし、何らかの原因で下部食道括約筋の働きが悪くなったり、腹圧がかかったりして胃酸が逆流しやすい状態になると、胃の中にある胃酸や胃の内容物(消化中の食べもの)が逆流します。これによって、食道の粘膜が炎症を起こします。
胃酸が増えすぎている 胃の中では、胃の中に入ってきた食べ物を消化するための「胃酸」が分泌されています。食道も胃も同じ「消化管」ですが、胃の内側には胃酸から胃を守る粘膜があるため、適切な量の胃酸が分泌されていれば、胃の中で炎症を起こすことはありません。胃酸はその名の通り、酸性の強い液体です。食道の内側にも粘膜がありますが、胃の粘膜とは違い、胃酸に耐えられる構造をしていないため、少しの量でも胃酸がくり返し逆流すると、炎症を起こすのです。

私たちが食べたものが胃に送られると、胃酸によって溶かされ、胃の筋肉の動きにより攪拌(かくはん)されています。健康な人でも、このうちの一部が食道まで逆流することはありますが、逆流してきた食べものや胃酸がすぐに胃へ戻されれば問題はありません。

また、急いで食べたり飲んだりしたときに出る「げっぷ」は、胃の中に入った空気を吐き出そうとすることで起こっています。げっぷと一緒に胃酸を含む胃液や食べものが少しだけ逆流することはありますが、これらが食道の内側に触れている時間が短く、すぐにまた胃の中に戻っていけば問題ありません。 しかし、胃から逆流してきたものが食道の粘膜に触れている時間が長くなると、食道は容易に傷つき、炎症を起こしてしまいます。

逆流性食道炎は、ご本人の症状が強くない場合は、そのまま放置してしまうかもしれません。しかし逆流性食道炎の状態が長く続くと、食道の下部(胃との境目の周辺)に、食道の粘膜とは違う、胃や腸と同じタイプの粘膜ができることがあります。この状態を「バレット食道」と言い、可能性は低いですが、食道腺がんの原因となることがあります。

日常生活の中で注意すること

次のような方は、「胃酸の逆流を起こしやすい」人といえます。食生活の改善や、日常生活の上での注意が必要です。

  • 一過性のもの暴飲暴食、早食い、高脂肪食やチョコレート、炭酸飲料などを好む
  • 腹圧が上がり過ぎてしまう妊娠、肥満、便秘、お腹を締めすぎる服装、前かがみ姿勢での仕事(作業)、食後すぐに横になるなどの習慣

暴飲暴食や早食いが多い方、高脂肪食を好む方、炭酸飲料を好む方は、食後の胃酸分泌量を増やしてしまいます。また、肥満や便秘のある方も、腹圧がかかって胃酸が逆流しやすくなるため、これらを解消するような食生活を心がけましょう。日常生活の中では、お腹を締める服装を避け、前かがみになって行う仕事(作業)ではお腹に力をかけないように注意しましょう。また、食後はすぐに横になるのではなく、イスに座って休むなど、食道が胃よりも高い位置を保てる姿勢をとることが大切です。また、妊娠中は特に胃が圧迫されやすくなりますので、できるだけ背中を伸ばすようにし、お腹への圧力をかけないように心がけましょう。

医療機関で行う
逆流性食道炎の治療

逆流性食道炎が疑われる方は、胃の内視鏡検査(胃カメラ)を行い、病状に応じた治療を行います。
逆流性食道炎の治療は一般的に、お薬による治療です。もともと症状が軽い方は食生活や日常生活の改善で良いこともありますが、患者さまの病状によっては次のようなお薬を服用していただきます。

  • 胃酸の分泌を抑える薬
  • 胃酸の中和、胃酸による刺激を抑える薬
  • 消化管の運動を改善する薬
  • 漢方薬

逆流性食道炎の病状を確認する、あるいは治療の効果を確認するためには、胃の内視鏡検査(胃カメラ)を行うことがあります。また、お薬での治療により症状が軽くなった方は、お薬を続けなくて良くなることもあります。

タップで電話する アクセス 24時間WEB予約 事前WEB問診