メニュー

医院についてCLINIC

当院の特徴 feature

富田医院は一般内科・消化器内科の診療を行うクリニックとして、地域医療の一翼を担っています。なかでも院長は日本消化器病学会専門医、日本消化器内視鏡学会専門医の資格を所持しており、内視鏡による検査・治療を数多く行っています。胃カメラや大腸カメラといった内視鏡検査や治療は医療者の技術が顕著に表れると言われています。加えて大学病院やがんセンターにも引けを取らない医療設備を整えていますので、より患者様のご負担が少ない治療が可能です。日帰りで大腸ポリープ切除ができる機器や、腹部・頸動脈を検査する超音波の機器類も導入しています。

また、長年消化器内科に関わってきた経験から、難病である潰瘍性大腸炎やクローン病、便通異常や逆流性食道炎といった疾患に関する専門外来も設置しております。愛知県難病指定医療機関にも指定されておりますので、治療を希望される方はぜひご相談ください。
内視鏡治療が切って治す外科的な側面であれば、IBD(潰瘍性大腸炎とクローン病)は患者様にあった薬を組み合わせて治療する内科的な診療です。これら2通りのアプローチができるのは当院の大きな特徴です。

私たちは患者様お一人お一人の気持ちに寄り添って、出来るだけご要望を聞く姿勢で皆様に接しています。院内も親しみのある色調で整え、床暖房も完備しています。内視鏡検査というと緊張される方もいらっしゃいますので、できるだけ居心地の良い空間を心掛け、リラックスして診療を受けてほしいと思います。
胃や大腸のがんは早期に見つかれば、治る確率の高い病気です。定期的な検査をお受けいただき、下痢や便秘など、少しでも体調の違和感を感じられましたら、早めにご相談ください。

富田医院の理念

  1. 「愛」と「誠」と「調和」をもって皆様より親しまれるクリニックであること
  2. 常に向上心を持ち勉強を重ね信頼されるクリニックであること
  3. 当院にかかわるすべての方々と幸福感を共有できるクリニックであること

富田医院は、上記3つを医院理念としています。一宮市をはじめとした地域医療に少しでも貢献できればと思っております。
皆様を思いやり、また皆様より愛され信頼される医院にしたく、今後も日々の努力を惜しまず、思いやりのある個々にあった医療を提供していきたいと思います。

愛と誠と調和

  • 「愛」とは、他人の喜びを
    自分の喜びをする心
  • 「誠」とは、世のため
    人のためになることを思う心
  • 「調和」とは、自分だけでなくまわりの人々みんなが常に幸せに生きることを願う心

ご挨拶 GREETING

今は亡き父の遺志を継いで

亡父・富田滋が昭和28年に名古屋大学医学部を卒業した後、母の地元である一宮で開院したのは昭和41年9月のことであったと聞いています。当時は裸一貫からのスタートでしたが、長年実直に地域医療に専念し、一時は入院病床を有する病院業務を行うまでになりました。そんな父が急に倒れたのは平成6年6月のこと。当時、自分はまだ学生の身分でしたので、致し方なく閉院することとなりました。

月日は流れ平成17年より山下病院にお世話になることとなり、赴任してからは地元のみならず他府県からの患者様も多く診察させていただきました。患者様の中には、亡き父が以前診察していた方もおられ、世代を超えて自分が診る機会が幾度となくありました。

その際、多くの方から「優しい先生でした」とお言葉をいただきましたが、正直自分には驚きの一言でした。自分の思い出の中の父は、いつも仕事に追われ、生真面目で自分に厳しく、また家族にも厳しい厳格な人物だったからです。愚息のため当然だったかもしれませんが、自分はいつも怒られてばかりいました。

そのような父の違う側面が感じられた時は、胸に熱いものがこみ上げ感涙が止まりませんでした。亡き父のお話を伺ううちに、ますます開業への気持ちが膨らみ、平成27年、満を持して開業を決意することとなりました。

勤務医としての
経験を活かした診療

私は、大学を卒業後、愛知県内の病院で消化器内科を中心とした一般内科医として研鑚を積んだ後、山下病院時代には胃腸疾患を専門として多くの方々を診療してきました。内視鏡検査はなるべく楽に受けていただきながらも質の高い検査を心掛け、内視鏡治療は患者様のお身体に負担をかけないように努めてきました。大腸ポリープ切除も多く手掛けてきましたが、なかでも早期胃癌を代表とする内視鏡治療を最も得意とし、その症例数は東海地区屈指と自負しております。
また、難病である潰瘍性大腸炎やクローン病など炎症性腸疾患の患者様の診療も豊富に経験してきました。専門外来では培ってきた経験を活かした診療を行っていますので、難病でお困りの方もぜひご相談ください。 院長 富田 誠

略歴・所属学会
略歴
  • ・藤田保健衛生大学卒
  • ・名古屋大学消化器内科 入局
  • ・公立学校共済組合 
    東海中央病院 内科医長
  • ・山下病院 副院長
  • ・富田医院 開院(平成27年)
所属学会
  • 日本内科学会 認定内科医
  • 日本消化器病学会 専門医
  • 日本消化器内視鏡学会
    専門医・指導医
  • 日本消化器がん検診学会
    認定医
  • 日本ドック学会 認定医

スタッフ紹介

  • M.M

    看護師歴20数年。途中、出産育児で休んでいましたが、2児を育てながら仕事をさせてもらっています。医院では病院と違い、より患者さんの生活に近いところでサポートさせて頂けると思います。胃カメラ大腸カメラには長くたずさわってきました。’12には消化器内視鏡技師免許を取得し、より安心して検査を受けて頂けるよう何かあったらご相談下さい。

  • M.H

    私は幼い頃から食べることが好きで、食に対する興味がありました。そして、食を通して人の役に立ちたいと思い、管理栄養士を目指しました。大学時代、臨地実習先の病院で、食事は治療の1つであるのと同時に、患者さまの楽しみの1つでもあるということを教えて頂きました。栄養指導を通して、「患者さまの治療に関わっている」という意識を持ち、患者さま一人一人に寄り添った指導ができるよう、日々努力していきます。

  • S.I

    富田医院の受付として働かせて頂いております。クリニックに来られる患者さんは病気のことで様々な不安を持って来られる方が多くいらっしゃると思います。受付はそういった患者さんを最初に迎えるとても重要な役割を持っていると思います。不安に感じている方も安心できるように努めて参ります。ご不明な点があればお気軽にお声掛けください。まだまだ医療事務員として未熟な私ですが富田医院と共に自分も成長できるように頑張りますのでよろしくお願いします。

  • M.Y

    管理栄養士として働かせて頂いておりますが、栄養指導中以外は受付にいるので気軽にお声掛け下さい。まだまだ未熟者ですが、患者さまの気持ちや生活に寄り添った指導が出来るような管理栄養士を目指して頑張ります。管理栄養士としても、事務員としても、来院された患者さまの気持ちを楽にするお手伝いが少しでもできたら嬉しいと思っています。よろしくお願いします。

  • M.N

    来院された患者様皆様に安心して頂けるように、いつも笑顔で明るく親しみやすい雰囲気を作っていきたいと思います。診察や検査内容など、不安な事、心配な事、先生に聞き忘れてしまった事などあったら遠慮なく聞いて下さい。人と話をするのが大好きなので、いつでも何でも気軽に声を掛けて下さい。少しでも患者様にリラックスして頂けるように受付として出来る限り努力していきたいと思います。

  • S.U

    管理栄養士兼受付として働いております。私は食べること、作ることが大好きです。苦手意識を持ちやすい食事指導ですが制限のある中でも食事を考えることが楽しくなるようなお話が出来るように日々精進していきたいと思います。普段は受付におりますのでお気軽にお声掛けください。まだまだ未熟ものではございますが、笑顔で丁寧な対応を心掛けて頑張りますので、どうぞよろしくお願いします。

  • M.N

    富田医院には、院長先生をはじめスタッフさんの患者さんに対する温かい接し方や勉強熱心さに惹かれて入職しました。看護師として日々勉強し、患者様のために自己研鑽を続けて参ります。病院へ行くというのは、誰にとっても辛いことだと思います。検査もあれば、余計に気が滅入ってしまいます。そんな気持ちを少しでも緩和できるように、患者様に寄り添った看護を心掛けていきます。

  • M.Y

    患者様の背景にある環境も大切にし、個別性のある看護を提供できるよう心掛けていきたいと思っています。初心を忘れる事なく、日々努力を重ね少しでも患者様のお力になれたらと思っていますので・・どんな思いもお聞かせください。

  • A.T

    私は人と接する事が好きです。外来には様々な年代の方がそれぞれの不安や思いを抱えながら検査や治療を受けに来られると思います。少しでもクリニックに来て良かったなと思えるよう、今までの看護経験を生かし、1人1人に合わせた接し方を心掛けていきたいと思います。

  • Y.M

    私は長年看護師として働いていますが、常に患者様の側に立ってお話を伺い、そのお気持ちに寄り添った看護ができるよう心掛けています。笑顔を大切にし、来院される患者様の不安を少しでも軽減できるよう努めて参りたいと思います。どんな事でも構いません。遠慮なく、お声掛けください。

  • A.M

    受付として働かせて頂いております。私は、人と話すことが大好きです。患者様の中には不安な気持ちで来院されるかたもいらっしゃると思います。そんな方の不安などをコミュニケーションをとることで少しでも取り除き、安心して診察を受けられるよう努力していきたいと思っています。まだまだ未熟ですが、不安や心配事がありましたらお気軽にお声掛けください。

  • M.M

    看護師として働いています。まだまだ未熟ではありますが、患者様の気がかりや不安を減らせるようにお手伝いしたいと思っております。些細なことでもお気軽にお声掛けください。憂鬱になりがちな受診・検査を安心でき、ホッとする時間に出来るよう努めていきます。

  • Y.N

    超音波検査は無害です。よく、妊婦検診などに使用されているのは、ご存知な方は多いと思います。この機器は、体内の臓器の状況を把握するのに優れています。普段何気ない胃の痛みと思われた裏には、胆石や膵疾患等によるものが隠れているかもしれません。一年に一回は検査を行い、ENJOY LIFE を満喫して下さい。

診療の流れ FLOW

  1. 予約

    当院のご予約システムもしくはお電話にてご予約ください。
    当日の窓口での受付も可能ですが、ご予約いただいた方が待ち時間が少なくスムーズです。
    紹介状やお薬手帳をお持ちの方は、必ずご持参ください。
    診療には、保険証や各種医療証が必要となります。

  2. 診察

    現在の状態などについてお伺いし、考えられる疾患や必要な検査や治療、お薬などについてお話いたします。
    内視鏡による検査が必要な場合は、食事制限など検査前の生活についてもご説明いたします。

  3. 検査

    必要に応じて血液検査やレントゲン検査、超音波エコー検査、内視鏡検査を行います。
    血液検査やレントゲン検査、超音波エコー検査は当日すぐにご説明が可能です。

    ただし、症状や検査の結果によっては、後日お時間をいただいてご説明となる場合がございます。
    ※内視鏡による検査は事前に食事制限などが必要なため、別日にてご予約をお取りします。

    内視鏡検査について

    胃カメラ及び大腸カメラなどの内視鏡検査を行うには、検査の12時間前からの絶食(食事制限)、及び検査2時間前からの絶飲食(水分や食事の摂取制限)を行う必要があります。 また、内視鏡検査当日の運転はできません。
    内視鏡検査のご予約時に、詳しいスケジュールについてご説明いたしますので、注意事項を守ってご来院ください。

  4. お会計

    診療終了後、受付にてお会計をいたします。
    お薬が必要な場合には、処方箋をお出ししますので、お近くの調剤薬局にてお薬をお受け取りください。

設備のご紹介

  • 内視鏡システム

    OLYMPUS社製のEVIS X1を導入しています。NBIやTXI、RDIなど時代を切り開く新たな技術を搭載することで、がんなどの消化器疾患の早期発見・早期診断・低侵襲治療に貢献します。

  • 胃カメラ

    先端部の外径が僅か5.4㎜の極細径スコープのGIF-1200Nを導入しています。お口からでもお鼻からでも挿入可能な細いスコープで、お口からでも楽に受けていただけます。新しく開発されたCMOSイメージセンサーにより、高い画質を実現しました。

  • 大腸カメラ

    高画質・拡大機能・高い挿入性を有した細径拡大内視鏡のPCF-H290ZIを導入しています。NBI狭帯域光法という特殊な波長の光を当てる拡大観察が可能で、早期がんを発見しやすい内視鏡です。この装置を用いて、その場で診断・治療を行う日帰り大腸ポリープ切除術も可能です。

  • CO2送気装置

    内視鏡を使用する検査は、より広い範囲を観察するために空気を入れながら行います。その際に空気に比べて身体に吸収されやすい炭酸ガスを使用することで、検査後のお腹の張りを抑えることができます。

  • 超音波検査装置

    TOSHIBA MEDICAL社製のXario100を導入し、腹部エコー、頸動脈エコーに活用しています。腹部エコーでは肝臓・胆のう・膵臓・腎臓などを、頸動脈エコーでは動脈硬化などを調べることができます。

  • デジタルX線TVシステム

    TOSHIBA MEDICAL社製のPlessartZEROを導入しています。胃の形態や隣接臓器の影響を見る胃透視検査や肺炎などの診断に必要な胸部X線検査が可能です。

  • 全自動血球計数器

    NIHON KOHDEN社製のMEK-7300 セルタックEsを導入しています。白血球・赤血球・血小板数をたった55μLから測定することが可能です。検査時間も60秒と短く、迅速な診断に役立ちます。

  • 臨床化学分析装置
    セルタックケミ

    NIHON KOHDEN社製のCHM-4100 セルタックケミを導入しています。
    セルタックケミは炎症反応を評価するCRP検査と糖尿病の指標となるHbA1cを短時間で測定することができ、すぐに検査結果を判定し、診断することができます。

  • 臨床化学分析装置
    ドライケム

    FUJIFILM社製の富士ドライケムNX500を導入しています。
    富士ドライケムは肝機能・腎機能・コレステロール・尿酸値などを30分ほどで測定することができ、その日のうちに検査結果をお伝えすることが可能です。

  • 尿分析装置

    SIEMWNS社製のクリニック・ステータス・プラスを導入しています。尿検査に用いる機器で、膀胱炎などの診断に役立てています。

  • インフルエンザウイルス抗原
    高感度判定装置

    FUJIFILM社製の富士ドライケムIMMUNO AG1を導入しています。非常に感度の高い検査機器で、発症間もないインフルエンザも検出が可能です。

タップで電話する 事前WEB問診 24時間WEB予約 事前WEB問診